銀行のカードローンでもお金が借りれる

銀行のカードローンでもお金が借りれる

長年色々な経験をしてきて借金をするならば自由に返済できるサービスが良いと知ってはいました。しかし実際にそれがどのサービスなのかはあまり調べずにいたので、いざ借金が必要になったときにかなり困ってしまいました。結局は私が登録している銀行のカードローンを利用して借り入れをするのが一番だとわかりました。

 

銀行系のカードローンは、約定返済日でなくても返済ができるので少しでも金利を減らしながら返済がし続けられます。可能であれば、一気にまとめて返済することもできるので負担はかなり軽減できます。金利も低めで、利用限度額も大きめなので借金をしようと考えているときにはやはりカードローンを利用して正解だったと思います。

 

私の場合は利用限度額50万円のサービスが利用でき、毎月1万円ずつ返済していけばよいものでした。しかし、返済の最初の頃はのんびりしていると金利ばかりがかかってしまうことは知っていたので、まとめて返済するようにしました。

 

はじめ借り入れたのは30万円で、最初の返済で5万円を2か月返済しました。そのため、金利は一気に減らすことができて、最小限の負担で利用できました。返済期間についても大幅に減らすことができ、約1年分くらいは余裕を持てました。計画的に返済できればそれだけで借金の負担は減らせるので、特にしっかり予定を大切にして借り入れをしようと思いました。アドバイスをくれた家族や、長年付き合いのあった弁護士の意見も大切にできました。しっかりアドバイスを参考にできれば負担も最小限で済ませられるとよい勉強になりました。

 

キャッシングでは返済が必ず約定返済日に指定されていることが多く、それ以外の日に返済をする場合には事前に申告しておかなければいけない場合も多いです。これは少し不便でお金に余裕があるときでも返済ができないので金利が高くなってしまう要因にもなります。

 

しかし、銀行系のカードローンでは利用限度額未満であれば返済も借入もかなり自由にできるので、ボーナスなどが入ったときに一気に元金の返済をすることもできます。消費者金融などの会社にとっては金利が主な収入源なので早く返済されてしまうとそれだけ利益が減ってしまいます。約定返済日以外の返済ができるのは銀行に潤沢な資金があるからで、銀行カードローンの大きなメリットの一つです。

 

銀行のサービスは資金の潤沢さに影響して、金利が低めに設定されていることも多いです。18%程度の金利になっているものも多いですが、金額によっては4%から14%で利用できるサービスもあります。金利が低ければ安心というわけではないですが、少しでも出費が減らせるという点で安全性は高いです。

 

金利を支払いすぎているといわゆるかがライという状態になり、弁護士に返還請求までするとなると余計に出費が増えてしまいます。しかし、過払いも起こさずに返済しきれれば余計な出費をほとんど抑えて借り入れを有効活用できます。そういった意味では銀行カードローンは危険も少なくリスクも少ない頼りやすいサービスです。

 

カードローンは初めて利用する人にとっては不安も大きいサービスですが、計画的に利用できればかなり生活の支えになってくれます。返済を少しでも早く済ませられるように工夫したり、金利が減らせるように工夫するだけでもかなり負担が変わります。借り入れた金額はしっかりと把握しておき、できるだけ返済しきってから利用することも大切です。

 

また、少しでもリスクを減らすには利用限度額ギリギリまで借り入れるのではなく、余裕を持った金額までで借り入れるようにしましょう。万が一返済できなくなる時があっても追加借り入れなどを工夫していけばしばらくは返済できない時期があっても何とか乗り切ることができます。利用用途も幅広いので工夫して活用し、少しでも生活を便利にできるようにしましょう。

お勧めサイト

  • https://カードローン土日即日ナビ.jp/

    急に土日にお金が必要となって頭を抱えている人はいませんか?実は土日でも契約即日で、借入を利用できるカードローン会社があります。しかも、専業主婦や学生でも借りれますので便利ですよ。